先生がいっぱい 2019年10月8日

初任者研修でメインで教えてくださる
先生が大好きです。

介護職に誇りと熱い情熱を持ち、包容力と優しさがあり、そして、後進を育成するという強い使命感が伝わってきます。

自身の日本語教師研修のお手本にしたい
先生です。

他にも先生がいます。

バイト先の介護職。
研修で感じた疑問点などを聞くと、丁寧に教えてくれます。

プロの知識と経験値に改めて尊敬の念を
抱きます。

そして、介護の日本語を教えている学生
たち。彼らは介護職としては私の大先輩です。

介護補助をしている話は前からしていました。資格を取るため、研修を受けている話もしています。

休み時間などに、

もう介助は勉強しましたか?
資格を取ったら、介護職になりますか?

などと、聞いてきます。

時には、介助のコツを教えてくれたり
します。完全に私が「学生」になる
ひとときです。

修了するには試験がある‥と言うと、
「先生は大丈夫。日本人だから。」と言われ、自分の甘さに気がつき、ハッと
させられました。

試験はまだ先ですが、試験は合格するためだけに受けるものではありません。

それを今後にどう活かすかがいちばん
大切。

一夜漬けではすぐ忘れてしまうので、
今から少しずつ勉強しています。

タイトルとURLをコピーしました